HPVワクチン 子宮頸がんワクチン 受付中止

HPVワクチンの供給が止まってしまいました。需要が多く供給が間に合わないそうです。それで予約を中止しています。早くて7月頃再開できると思われます。

真偽のほどは不明ですが、ワクチンは日本からベルギーの製造工場に6ヶ月先の分を発注するそうです。国の補正予算が成立して、一部の市区町村でHPVワクチンの公費接種が1月から順次開始になったわけですが、12月に発注した分が届くのは6月以後。足りなくなるのは当たり前です。

どうして、こんな単純な事を厚生労働省はわからなかったのでしょうね。公費負担の時期を延長するような対策をたてないと、不公平なことになります。

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチンがHPCワクチンの二の舞にならないことを祈っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック